計画性がある人

自己PRで計画性があることを伝える例文

自己PRで自分の強みをアピールする際に、計画性があることを伝えたいと思われる方も多いことでしょう。計画性があるということは仕事においてプラスに働くことは容易に理解できます。
しかし、伝え方に工夫をしないとありきたり、また当たり前と思われてしまう自己PRになってしまう可能性があります。では、計画性を伝える効果的な自己PRの例文をご紹介します。

計画を実現する能力があることを具体例を交えてPRする

計画性とは、何でしょうか?それは、目標を決めて、そこへ到達するための過程を定めるということですね。しかし、計画するだけで計画したことが実際に実現できていないならどうでしょうか。それは計画性があるとは言えないのではないでしょうか。ですから、計画するだけでなく、それを実現する能力があることを強調する必要があります。また、ただ「私は計画するのが得意です。また計画したことを予定通りこなすのが得意です。」と言われても記憶に残りませんし、本当かな、口先だけでは、と疑われる可能性もあります。ですから、具体的なエピソードを盛り込んで計画性があることをPRすることが効果的です。では、以上の2点をふまえた例文を2点ご紹介します。

例文1 資格を計画的に取ったことの自己PR

計画性があることを自己PRする際にもできれば、仕事と関係のある実例を挙げることができれば評価が上がりますね。その点資格を取ったことは良いエピソードとなります。

例文)
私は計画し、計画を実行するのを得意としています。私は大学時代に、半年後にTOEIC800点という目標を定めました。その達成のために毎日30分英語のニュースを聞き、ワークブックを1単元すると決めました。1日も欠かさずに実行し、半年後TOEIC800点という目標を達成することができました。この資格だけでなく、計画能力も御社の業務において活用できると確信しております。”

例文2 計画的に業務を果たし成果を挙げたことの自己PR

資格だけでなく、実際に以前の仕事において計画的に物事を運び、成果を挙げることができた経験があるならそれをPRに用いることができるでしょう。計画性だけでなく、業務実行能力も強調できて一石二鳥です。

例文)
私は前職のA社において、不動産売買の営業の仕事をしておりました。毎月100万円というノルマがありました。達成のために、毎日3件のアポイントを取り、毎月5件の契約を取るという計画をしました。そのため、ノルマをクリアするだけでなく、所属するB支社においてトップの成績を挙げることもでき表彰していただきました。御社においてもこの計画性と実行力を発揮してまいりたいと思っております。

 

計画性を伝える自己PR、いかがでしたか?計画するだけでなく、それをどのように実行したかを実例を元に伝えましょう。できれば、就職したい会社に直結する資格や業務に関するエピソードがお勧めです。

・最後の仕上げには自己PRの効果的な締め方・結び方もご覧くださいませ!
・面接の事前準備として面接で自己PRを1分でする際の例文3選も目を通して他者に差をつけましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です